参画企業:
株式会社神村製作所

精密板金加工・精密金属加工、独自の簡易金型技術でお客様をサポート

「板金加工のおたすけマン」として最新の板金加工設備とCAD、CAM、WEBを通じて3次元データの交換により、トップレベルの精度を誇る「精密板金加工品」「カバー・ケース・ハウジングの板金加工品」をご提供します。また、金型を必要としない独自の工法と長年の技術蓄積のもと、通常では不可能とされてきた3次元曲面を小ロットでも形成できる「精密成形板金加工品」「微細加工や特殊加工の板金製品」を製作、ご提供致します。

株式会社神村製作所の会社概要

創業1958年
代表取締役神村 圭
所在地〒611-0033 京都府宇治市大久保町西ノ端1番地23号
TEL0774-43-4800
FAX0774-43-4888
認証取得ISO9001:2008認証取得済
KESステップ2認証取得
業務内容精密板金加工
精密金属加工
簡易金型成形加工
産業機器部品加工および関連装置設計・組立
WEBサイトhttp://www.kamimurass.com/

株式会社神村製作所のオススメ試作

株式会社神村製作所のオススメ試作 - 精密成形板金加工

精密成形板金加工

プレス金型無しで成形するため、初期投資の圧倒的な軽減と、立上げリードタイム短縮を実現しました。一枚の板から溶接レスで成形するため、液漏れや光漏れを嫌う製品に最適です。分析機器、測定機器、医療機器、車両制御機器、船舶、半導体の製造ライン等の実績が多数あります。両手サイズを得意としており、最大1000mm立法まで対応可能です。また、試作につきものである設計変更にも柔軟に対応いたします。

株式会社神村製作所のオススメ試作 - 精密板金加工

精密板金加工

試作にはスピードが最重要です。弊社では、試作専任チームを設け、迅速に対応できる体制を整えております。複雑な形状でも、使用用途に応じた加工方法・冶工具を駆使してお客様のご要望にお応えします。国家検定板金技能士取得率/製造部の取得率76%、1級技能士7名(2015年7月現在)で、多能工化を目指したモノづくりを行っております。

株式会社神村製作所の一押しスタッフ

株式会社神村製作所の一押しスタッフ -義永 信一郎

義永 信一郎

創意工夫の喜びこそがものづくり

製造部の部長として生産管理、品質管理、人材育成、技術指導を行っています。若くから習得した薄板溶接技術と、簡易金型技術の継承・発展に貢献していることが評価され、平成25年度「明日の名工」を受賞しました。また、1級工場板金技能士を取得しております。モノを作ることが好きで、創意工夫し、上手に創れたらうれしいと思う行為がものづくりです。ものづくりを通じて、ニーズを実現し続けていきます。

株式会社神村製作所の一押しスタッフ -趙 躍祥

趙 躍祥

製造経験を生かし、一歩踏み込んだ営業

製造現場を4年間経験し、4年目には試作専任チームに配属、加工全般の知識と経験を得ることができました。現在は営業を担当しており、製造での経験を活かしてお客様のご要望をお聞きしています。平成22年、23年の中国大連での海外展示会では、中国語通訳を担当しました。神村製作所は世代交代が進んでおり、新しい神村製作所を創っていこうと社員が一丸となっていて、とてもいい雰囲気です。

株式会社神村製作所の自慢の設備

株式会社神村製作所の自慢の設備 -成形加工機

成形加工機

金型を必要としない成形加工を実現します。金型を作らないので、初期投資費用の削減とリードタイムの短縮が見込めます。また、複雑な形状を溶接なしで1枚の板から成形できます。多品種少量の試作品や開発品に最適で、神村製作所の精密成形板金の主力設備です。

株式会社神村製作所の自慢の設備 -パンチレーザ複合マシン(AMADA LC-C1)

パンチレーザ複合マシン(AMADA LC-C1)

精密成形板金加工の際、一枚の板から外形切断を行う設ための設備です。レーザーによる切断とパンチングによる切断・成形を1台で行うことができます。工程統合・加工領域の拡大とともに、加工の高速化、高精度高品位加工を実現する機械です。

株式会社神村製作所の自慢の設備 -ベンディングマシン(AMADA RG)

ベンディングマシン(AMADA RG)

機械での自動制御ができない複雑な曲げ加工には、このベンディングマシンを使用します。加工の自由度が高いため、試作などの一品一様の製品に適しています。神村製作所が独自に開発した金型を取り付け、複雑な曲げ加工を効率的かつ高精度に行っています。

株式会社神村製作所の自慢の設備 -ワイヤー放電加工機(Fanac α-OiC)

ワイヤー放電加工機(Fanac α-OiC)

板金加工がメインの会社で、ワイヤー放電加工機を保有している所は少ないのではないでしょうか。自社で冶工具を作る際、従来の板金加工の設備だけでは、形状の制限や耐久性の面で実現できないことがありました。この設備は何とかそれを解決するために導入しました。神村製作所では、主に冶工具の作成、精密成形板金で使用する簡易金型の製作、汎用のベンディング金型の改良に使用しています。

株式会社神村製作所の受賞・認定・メディア掲載歴

2014年 11月平成26年度 京都府中小企業優良企業表彰
2014年01月製造部部長 義永信一郎が平成25年度「明日の名工」を受賞
2013年前代表取締役社長 神村道治が黄綬褒章を受章(金属プレス製品製造の業務精励)
2012年09月田辺高校エコデンレースの車体製作協力の記事が、毎日新聞に掲載されました
2012年06月専門誌「Sheetmetal ましん&そふと」に掲載されました
2012年03月専門誌「プレス技術」に掲載されました