京都試作ネットの匠たち:
井野謙一 (株式会社KYOSOテクノロジ)
あらゆる想定のもと検証し正確・安全な商品を提供する

ものづくりの喜びを共有できる場所

最初の就職先で、初期の頃はロボットを動かすソフトウェアを開発していました。少しずつ業務の幅が広がり、色々な製品のソフトウェアと制御回路の開発まで任されるようになりました。その後縁があってKYOSOテクノロジを知りました。実際にものが動くといった組込み技術の面白さや、複合した技術を応用した成果物をやり遂げたときの達成感をKYOSOテクノロジの社員やお客様と共有できたら良いなあと考えたのが入社のきっかけです。この会社なら機械、電気、ソフト、と皆で切磋琢磨して一つのものを作りあげることができそうだと感じ、入社を決めました。

設備機器から民生品分野まで幅広く手掛ける

弊社では民生品の分野から一品ものの生産設備、業務用の中量産製品分野まで幅広く携わっています。私は主にデジタル回路をメインとした回路設計とソフトウェアの組込み開発の仕事をしています。設計という立場ですから、今では生産現場に入って作業をする事は少ないです。それぞれの責任を明確にする必要もありますし。それでも、生産ラインの作業担当の方へレクチャーしたり手順書などの資料作成に携わっています。あるお客さんの製品の量産ライン立ち上げに際しては中国へ何度か行く機会もありました。机に向かう設計の仕事も、生産ラインへ行って作業担当の方の声を生で聞ける仕事もいずれも楽しい仕事です。ただ、設計上の不具合対応で生産ラインへ行った時はとても気分が重かった時もありますね。関係者に迷惑もかかりますし。そんな思いをもうしたくないとの思いで、設計の際にとことんチェックし切る重要さをかみしめています。

課題解決のプロセスにやりがいを感じる

ソフトウェア、回路、プリント基板、筐体をそれぞれの部署が分担して仕事を進め、その中で課題に直面したり議論をしながら、時には遊び心も交えつつ完成に向かっていく。こうした商品化の過程にとてもやりがいを感じます。商品化にあたって、安全規格対応や耐環境性など品質確保にも苦慮する事もしばしばですが、そのプロセスでも、絶対に解決するというモチベーションが湧いてきます。フェイルセーフの考えに基づき、使っていただく際に想定しうるあらゆる環境を考慮して検討し改良を加え、それを検証します。最終的に一つの商品が完成した時の達成感は何よりです。

組込システムで唯一無二のチームへ

自身のチームを回路技術とソフトウェア技術に精通した技術者集団にするのが私の目標です。ソフトウェアと電子回路それぞれの良さを活かして、組込システム開発ならKYOSOテクノロジという評価をいただけるチームにしたいですね。また指導教育などの立場からもこの仕事に関わり続けたいと思っています。設計の面白さや厳しさも含めて、チームの若いメンバーに私がこれまで経験したことを伝えていきたいですね。その中でいろいろな気付きや成長の糧を拾ってもらえればと思います。そして手がけた商品のその先にあるお客様の満足、笑顔に繋がる仕事をしていきたいです。

設立2003年12月
代表取締役岡田 恭子
所在地 〒604-8151 京都市中京区蛸薬師烏丸西入橋弁慶町227
第12長谷ビル3F
TEL075-229-6345
FAX075-229-6346
事業内容・機械・電気・電子・ソフトウェア設計
・実機性能評価
・労働者派遣
WEBサイトhttp://www.kyoso-tec.co.jp/