参画企業:
高木金属株式会社

液体から金属が生まれる不思議な世界で笑顔とコア技術の創造に貢献します。

高木金属株式会社は、「現代の名工」を受賞した高い技術力で、どんな試作でも対応させていただきます。通常、1個2個の試作は、手間が掛かるため、快く引き受けてくれる先は多くありません。高木金属株式会社では、少量、難しいという理由で、お断りすることはありません。どんな場合でも、お客様の要望をお聞きして、ご満足いただけるクオリティをご提供させていただきます。

高木金属株式会社の会社概要

創業1966年
代表取締役社長高木 正司
所在地〒612-8486 京都市伏見区羽束師古川町246-1
TEL075-933-4775
FAX075-933-5536
営業種目金・銀・銅・Ni・Rhめっき
WEBサイトhttp://takagi-lab.sakura.ne.jp/home/

高木金属株式会社のオススメ試作

高木金属株式会社のオススメ試作 - アルミ上の部分メッキ

アルミ上の部分メッキ

アルミの上にメッキするというのは比較的難しい種類のメッキです。なおかつ内面に銀メッキを厚くつけるとなると高度な技術が必要になります。全面に銀を付けるよりも、本当に必要な部分にだけ銀メッキにすることで、コストダウンが図れます。お客様の仕様によっては、機能的に部分メッキが必要になることもあります。納期は1日程度です。傷一つない美しい仕上げにもこだわっています。

高木金属株式会社のオススメ試作 - 光沢が残る厚メッキ

光沢が残る厚メッキ

一般的に、光沢を出すにはメッキを薄くする必要があります。弊社では、80μ(ミクロン)から100μの厚メッキでもぴかっと光る綺麗な光沢を出すことができます。例えば、鋳物にメッキをするときは、巣穴からの変色を防ぐために厚メッキにする必要があります。機能面から厚メッキを採用した場合でも、短時間で光沢を出すことができます。

高木金属株式会社のオススメ試作 - スーパーエレクトロゴールド

スーパーエレクトロゴールド

薄い金メッキはピンホールと呼ばれるメッキ皮膜の微細な穴が空きやすく、その部分から腐食が発生しやすくなります。通常1.5μくらいの厚みでなければピンホールを塞ぐことができませんが、弊社では、メッキ厚1μ以下でもピンホールを塞ぐ技術があります。耐腐食試験によってピンホールが存在しないことを確認しています。しかも低い接触抵抗を維持します。このような技術は他にはありませんので、弊社ではスーパーエレクトロゴールド(略称SEG)と呼んでいます。

高木金属株式会社の一押しスタッフ

高木金属株式会社の一押しスタッフ -川上 章

川上 章

どんなメッキも素早く高品質

試作のメッキ全般を担当しています。最近は短納期化が進み、依頼があった当日中に納めるケースが増えています。短納期がゆえにミスが許されないので、できるだけ作業を簡略化し失敗しにくい方法を考えたり、早く仕上げるため治具開発を提案したりして、稼働率を上げています。短納期、低コスト、かつ高品質を維持するには、普段からメッキ液の管理など細かなことを丁寧にする必要があります。品質第一の高木金属でありたいと思っています。

高木金属株式会社の一押しスタッフ -牧山 隆廣

牧山 隆廣

丁寧な作業できれいなメッキを届けたい

今は銀メッキをメインにやっています。まだ社歴が浅いので、できることは少ないですが、上司の指導のもと日々勉強しています。普段から教えられているのは、水洗をしっかりすることや電流値を見ることなど、細かい一つ一つの作業を丁寧に行うことです。仕上がりにすごく影響してきますから。見た目はもちろん機能的にも、きれいに仕上がった時は嬉しいです。もっとできることを増やして、この会社でしかできないことをやっていきたいです。

高木金属株式会社の自慢の設備

高木金属株式会社の自慢の設備 -傾斜バレル

傾斜バレル

容器に液体を入れ、ゴロゴロ回すとメッキができます。最大の特徴は、小さいバレルなので、1ミリ角以下の小さなモノでも1個からメッキできること。この傾斜バレルは固定式で、社内で開発し製作しました。金メッキ、銀メッキ、銅メッキ、スズメッキ、ニッケルメッキなど、どんなメッキでもこの装置一台でできます。部分メッキや、様々なメッキ厚にも対応します。メッキにかかる時間は、仕様にもよりますが短ければ5分程度、長ければ1時間程度です。

高木金属株式会社の自慢の設備 -蛍光X線 EX-3000

蛍光X線 EX-3000

メッキ厚を確認する装置です。検品の時に、お客様からの仕様どおりに仕上がっているかを確認します。装飾用メッキの場合は、0.1μ(ミクロン)前後など非常に薄い仕様で、一番美しい色合いを出せるようにしています。一方、工業用メッキの場合は機能性が必要になります。摺動性があるものは使っているうちに擦れてメッキが落ちてくるので、厚くしておきます。お客様と相談しながら、用途にあったメッキ厚をご提案します。

高木金属株式会社の受賞・認定・メディア掲載歴

2004年厚生労働大臣表彰「現代の名工」受章
1999年京都府知事表彰「現代の名工」受章