京都試作ネットの匠たち:
出口真一 (有限会社グッドウッドKYOTO)
達成感と責任感を感じつつ日々の技術向上にまい進する

未経験からものづくりの世界へ

グッドウッドKYOTOには2009年に入社しました。前職では運送業の事務員をしていました。ものづくりの世界は未経験でしたが、現在の専務取締役(小学校の同級生)に誘われ、思い切って製造業の世界に飛び込みました。ものづくりの現場では実際に機械を自分で動かし、製造できる喜びがあります。作ったもののスピードや精度を常に改善をして、それを仕事に生かしていくのが楽しいです。現在の仕事では、CADCAMでの図面の制作からマシニング工程までワンストップで携わっています。責任感ある仕事ですし、覚えなければいけないことがまだまだ多いですが、上司に相談しながら、日々作業に取り組んでいます。

作業には細心の注意を払う

日々試作を行なう上では、常に集中して操作することを心掛けています。機械操作ではちょっとした不注意で大事故が起きてしまいます。以前、マシニングのヘッドをバイスにぶつけて、故障させてしまいそうになったことがあり、そこから確認することの重要性を再認識しました。この経験があってからは、日々ミスを起こさないために最大限の注意を払っています。実務面では特に高さの原点を取ることを注意しています。精密機械なので、停止位置を目視で確認したり、刃長確認作業などを徹底しています。

これまでの成長、これからの成長

入社1、2年目の段階では細かい交差やバイスの操作、治具の扱いなども手応えが感じられず、ただ先輩の作業を見ているだけのような状態でした。当時は1つ操作をこなすために何度も位置調整をやり直したりしていました。今では各種操作も慣れてきまして、自分でCADCAMを使って治具を作ったりといった作業もできるようになってきました。入社当初よりも業務を通じて任される仕事の範囲も広がってきています。現在は2DのCADCAMしか使えませんが、将来的には3D CADCAMを使って、複雑で難形状の加工をできるようになるのが目標です。2Dとは作図の段階から異なるため、まだまだ勉強が必要ですが、5年以内には必ず習得したいですね。

ものづくりを通じて会社へ恩返ししたい

日々、体を使った仕事が自分の性に合っていると感じます。以前の職場では仕事に嫌気がさすこともありましたが、今の仕事は全く嫌だと感じたことはありません。ものづくりの達成感をずっと感じていられるように、これからも日々努力していきたいです。切削は経験が必要な分野なので、効率化など日々試行錯誤を積み重ねることで会社の利益に貢献していきたいです。ご縁があって今の会社で働かせて頂いておりますので、最大限の恩返しができればと考えています。

創業1998年9月
代表取締役辻本 敏哉
所在地〒610-0114 京都府城陽市市辺西川原84番地2
TEL0774-39-7803
FAX0774-39-7806
業務内容スーパーエンプラ等各種樹脂の切削加工
電子部品の表面処理装置部品
自動車部品の表面処理用冶具
WEBサイトhttp://www.gw-kyoto.com/