参画企業:
株式会社ナカモト

鉄、ステンレス、銅と幅広く、厚物から薄物まで加工

株式会社ナカモトは総合建築設計施工、製缶、板金を主な事業内容としています。銅バー加工を得意とし、厚さ10~15t、幅100~300の銅バーを孔開け、複雑な曲げなど加工いたします。

株式会社ナカモトの会社概要

設立1953年
代表取締役中本 幸志
所在地〒607-8164 京都市山科区椥辻西潰13
TEL075-581-0678
FAX075-591-4440
認証取得京都府知事 許可(般-24)第39540号
京都府知事登録(23A)第01059号
一般建築士事務所
事業内容●総合建築設計施工
●製缶
●板金
WEBサイトhttp://www.nakamoto-kyoto.co.jp/

株式会社ナカモトのオススメ試作

株式会社ナカモトのオススメ試作 - 銅バー加工

銅バー加工

厚さ10t~15t、幅100mm~300mmの銅バーに孔開け、複雑な曲げなどの加工いたします。電解に使用する整流器から電解層まで限られたルートを通すため、その用途に合った曲げの技術が必要となります。孔開け加工はマシニングでなくドリルマシンで行なっています。孔開け加工のみなら1時間弱、切断加工などを含めるなら3日ほどの納期で対応可能です。

株式会社ナカモトの自慢の設備

株式会社ナカモトの自慢の設備 -INOUE PRSS 200t

INOUE PRSS 200t

銅バー10~15tをはじめ、鉄、ステンレスは12tまで曲げることが可能。経験と技術を活かし、顧客の図面通りの角度、長さに加工いたします。L曲げ、Z曲げに対応可能です。200tのプレス機は、他社では困難な銅の髷加工にも対応可能です。主にメッキ工場向けの銅バー加工で活躍します。

株式会社ナカモトの自慢の設備 -アトラ

アトラ

ハンディータイプのドリルで、深さ12mm~16mm、穴径30πの孔開けまで対応可能です。修理や不測の事態が起きた場合に、現地で作業するのに重宝します。簡単な作業であれば、その場で設計も提案もできるのが強みです。

株式会社ナカモトの自慢の設備 -タケダ パンチングユニット

タケダ パンチングユニット

厚さ9mmの鉄にパンチングで穴を開けられます。ステンレスだと6mmまで対応可能です。レーザーでの孔開けだと時間がかかりますが、パンチングだと短時間・低コストで納入できます。建築金物向けで、アングル(山形鋼)で6m、板物で幅75mm(長さは無制限)まで対応可能です。