試作実績:
マイクロ鉗子

マイクロ鉗子の試作実績

素材ステンレス(SUS304)
加工方法ワイヤーカット・放電加工・切削加工
先端サイズ2φ(閉じたとき)
用途医療系(展示会出展用サンプル)
試作品のPR医療器具のカテーテルの先端に取り付け、血管内に入れる「マイクロ鉗子」の先端部分です。細胞を切って、摘んで、持ち出す機能を有しています。さまざまなボディに取り付けて製品展開が可能です。2011年の「森精機 第8回切削加工ドリームコンテスト」にて金賞を受賞した製品です。
担当企業株式会社衣川製作所

担当企業の一押し技術

株式会社衣川製作所のオススメ試作 - マイクロ鉗子

マイクロ鉗子

大学との共同開発により製作した、内視鏡手術で人体の組織の一部を切り取るときに使用する鉗子です。通常の鉗子よりも先端の径が小さいためマイクロ鉗子と呼んでいます。弊社は平成25年に第三種医療機器製造販売業許可を取得し、今まで以上に医療機器開発に注力しています。次世代型の鉗子として、もっと径が細いものや、お客様のニーズを取り入れた製品開発を進めています。

株式会社衣川製作所のオススメ試作 - フレキシブル鉗子

フレキシブル鉗子

内視鏡手術において一番ネックになるのが、器具の挿入角度です。真っ直ぐの器具では小回りが利かないため、柔軟に動く器具の開発が必要です。フレキシブル鉗子は湾曲した経路をスムースに進み、高い操作性としなやかな動きが特徴です。先端把持部の開き角度と把持力の強さを保持できる構造になっています。さら使いやすい製品づくりを目指し、現在進行形で工夫を凝らしています。

株式会社衣川製作所のオススメ試作 - 剣山型 0.1m/m角ピン

剣山型 0.1m/m角ピン

再生医療の現場などで、シャーレに角ピンを置き、電流により変動磁場を発生させ、さらに先端部の磁場をコントロールすることで細胞を活性化させることを目的として作られた試作研究品です。0.1mm角に169本の突起があります。ワイヤーカット加工という精密加工技術で作られています。

株式会社衣川製作所のオススメ試作 - カプセル錠剤輸送パーツ

カプセル錠剤輸送パーツ

カプセル錠剤の製造ラインで使用される部品で、吸着→押出→移動をエアー圧で行います。カプセル錠剤は軟らかいので傷つかないよう、表面をきれいにする鏡面研磨、ラップ加工といった技術が使われています。個々の加工自体は他社でもできますが、マシニング、研磨、ワイヤーといった様々な加工方法を複合的に組み合わせるノウハウは弊社独自の技術です。

1個から多数個まで、数多くの企業様から医療系の試作依頼を頂いております。

ご相談無料
図面レス対応
2時間レスポンス
会員登録不要

京都試作ネットが満足度の高い試作を実現します

試作に関する非公開情報多数!

掲載内容はごく一部です。詳しくはご相談ください