試作実績:
超高耐食性表面処理プロセス ハイパーコート

超高耐食性表面処理プロセス ハイパーコートの試作実績

素材鉄鋼、焼結部品
加工方法めっき、表面処理
寸法最小:1mm〜、最大:手のひらサイズまで、めっき厚:5〜10μ
加工日数2日
用途自動車・建築・太陽光発電・船舶・道路
試作品のPR 錆や紫外線による退色に強く、道路のガードレールや太陽光発電所など、屋外設備で多く用いられます。
担当企業株式会社キョークロ

担当企業の一押し技術

株式会社キョークロのオススメ試作 - めっき、塗装の複合処理

めっき、塗装の複合処理

キョークロの一番の強みは、めっきと塗装それぞれの利点を組合わせた複合表面処理をご提案できることです。電気めっきにとどまらず、乾式めっき、塗装、樹脂コーティング、付加処理など、多品種を取り扱っていますので、耐食性、耐摩耗性といった機能面から、表面の輝き、カラーリングといった外観の美しさまで自由自在に調整できます。特にネジ、ナット、ボルトなど小物に特化しており、2~10μ(ミクロン)の超薄膜の複合皮膜による表面処理が可能です。

株式会社キョークロのオススメ試作 - 無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっき

従来の電気めっきは、電流密度の影響によりめっき厚に若干ばらつきが出てしまうという課題がありました。無電解ニッケルめっきは化学反応を利用するため、複雑な形状の部品でも均一に仕上がるのが特徴です。その精度は、なんと±2μ。鉄素材の小物を中心に一度に大量のめっき処理ができますので、コストダウンにもつながります。

株式会社キョークロのオススメ試作 - ハイニッケル(高ニッケル共析亜鉛ニッケル合金めっき)

ハイニッケル(高ニッケル共析亜鉛ニッケル合金めっき)

通常の亜鉛ニッケル合金めっきよりもニッケル比率が高く、耐食性に優れためっき技術です。塩水噴霧試験で耐食性を検査すると、通常の亜鉛ニッケル合金メッキが白錆72時間、赤錆1000時間程度であるのに比べ、ハイニッケルは白錆300時間、赤錆2000時間程度と、単純比較しても2倍以上の耐食性を示します。キョークロでは小物に特化したバレルを使って大量にめっき処理できますので、機能とコストの両立が実現できます。

1個から多数個まで、数多くの企業様から超高耐食性表面処理プロセス ハイパーコートの試作依頼を頂いております。

ご相談無料
図面レス対応
2時間レスポンス
会員登録不要

京都試作ネットが満足度の高い試作を実現します

試作に関する非公開情報多数!

掲載内容はごく一部です。詳しくはご相談ください