試作実績:
プラスチック精密切削加工

プラスチック精密切削加工の試作実績

素材PEEK
加工方法切削加工
寸法最小: :5mm〜10mm角程度
最大: W:100mm x H:100mm x T:40mm
加工日数4〜5日
用途弱電機器関連・半導体関連
試作品のPR多品種・小ロット生産に対応可能です。段取り・作業効率の工夫を行うことで、コストダウンとリードタイムの短縮に繋げます。50品目程度をすべて同時に引き受けることが可能です。
担当企業洛陽プラスチック株式会社

担当企業の一押し技術

洛陽プラスチック株式会社のオススメ試作 - 樹脂切削加工の薄肉残し

樹脂切削加工の薄肉残し

薄肉残し加工は肉厚0.1mmまで切削することができます。精度は100分の1mm。薄肉残しには高精度の治具が必要ですが、試作段階から高精度の治具で加工できます。洛陽プラスチックの加工精度を端的に表すことができる技術です。赤外線を用いたセンサー機器のレンズ保護など、センサー感度に影響が出ない極力薄いカバーをご要望のお客様に提供しております。

洛陽プラスチック株式会社のオススメ試作 - エンボス付きメンブレンシートの試作

エンボス付きメンブレンシートの試作

家電や機械のフロント部分にぽっこりと浮かんだボタン(エンボス)がありますが、これは専用の金型が必要で、コスト面が折り合わないため、小ロットや試作に対応する企業がほとんどありません。弊社では、高価な金型を作らずに1個から短納期で対応出来る技術を確立しました。商品のデザイン・配置変更にも柔軟に対応します。特殊な形状や材質も1個から大丈夫です。

1個から多数個まで、数多くの企業様からプラスチック精密切削加工の試作依頼を頂いております。

ご相談無料
図面レス対応
2時間レスポンス
会員登録不要

京都試作ネットが満足度の高い試作を実現します

試作に関する非公開情報多数!

掲載内容はごく一部です。詳しくはご相談ください